むくみ 体操 栄養

むくみには体操と栄養バランスが大事!?

むくみ栄養

体内の塩分水分を尿と一緒に排出してくれる利尿作用効果がある食べ物は、
野菜類やきのこ類、トウガラシ、にんにく、パセリなど。

 

海藻類なら昆布屋わかめ、ヒジキなど。果物ならアボカドや干しブドウや
キウイなど是非取ってください。

 

これらは体の老廃物を出して代謝促進効果があって血の巡りをよくしていき
むくみ解消になります。お酒もむくみの原因とされていて、
これ以外にもおつまみも原因があって、これは塩分が多く服まれてるものが
多く注意して下さい。塩分摂取を控え目にするのが大事です。

 

血液中の塩分濃度が上がるのもむくみの原因。その為少しずつ薄味になれることが重要。
インスタント食でカップ麺のスープは塩分量が多くて、
多少であってもむくみ助長させてしまうことがあります。

 

そして、よるエネルギーをあまりつあくぁなくて、糖質を抑えましょう。
コメやパン、麺や果物など大きな影響を与えていて、糖質は甘いもの以外に
炭水化物など多く含まれていて、どうしてこれを摂りすぎればむくむのでしょうか?

 

糖質を体内に取り入れるとき3倍の水分と結びつき1グラムの糖質が
3グラムの水分を蓄えるのでむくみの原因となるのです。

 

そして、簡単なむくみとりの1つにサプリを取り入れてみてもいいです。
ですが、これだけでは完全に解消できません。体操など組み合わせてみましょう。

 

基本ですが、足のむくみ対策で適度な運動が大事。ふくらはぎを強化してみて、
ここの筋肉のポンプ機能が強化され、足にたまった血を心臓に戻してくれる効果があり、
結果足の溜まってる水分が減ってむくみ解消となります。
その為爪先立ちを繰り返す運動も効果があります。

 

また女性にとって足の悩みは常につきませんが、実践してる足のむくみに良い
マッサージ方があります。必要なものは湯船とお湯、バスチェアです。

 

まず湯船につかってしっかり体を温めましょう。血流が悪ければ効果半減。
風呂に入りからだを温めて血の巡りをよくしてしたほうがいいです。

 

そして、しっかり温まれば湯船から出てバスチェアに座って片方の足を
もう一方の太もも上に乗せましょう。そしたら乗せたほうの足の足首から
ふくらはぎにかけ両手をつかみしっかりマッサージを。

 

片足1〜3分して丁寧にマッサージ。これら入浴時するようにしたら
次の日足のむくみが解消して、むくみが気になったらその日入浴タイムに
マッサージをするといった感じで毎回しなくても効果を得られるはずです。

 

そして、人は基本二本足で歩きますが、その足に5ほん指がついていて、
自然な譲許はその5本指がそれぞれ自由に動かせること。

 

今靴下などひとまとめにさせられてる足がほとんどですが、それはとても不自然です。
これが足を疲れさせる原因。日ごろできることはとにかく足指を解放させること。

 

靴下を脱ぐ・寒い時期冷え性の方は5本ソックスを利用・素足でいい方は足の指の間に
ティッシュを詰めるなど。指の間を思い切り開く状態にしてあげてください。

 

さて、これまでむくみを解消するための体操であったり栄養バランスについて
紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか?
普段の生活習慣を少し変えるだけでもやっかいなむくみを解消することが
可能になるので、是非試してみてくださいね。

 

あと、普段の食生活に加えて老廃物や余分な水分を排出する働きをする
という人気のサプリがありますので紹介しておきますね。

 

それは、ファンファレという会社が販売している『するるのおめぐ実』です。
比較的安く買うことができて人気があるサプリなので、試してみるといいかもしれませんね。

 

するるのおめぐ実の口コミはコチラ